ジップ付きビニール袋が便利すぎる!

ジップ付きビニール袋が便利すぎる! 食材を分けて保存する便利アイテムにビニール袋があります。
価格的にも安くたくさん入っているものが多いので、ちょっとした余った食材を入れて冷蔵庫に保存しておくのに便利ですし、食材だけでなく様々なものをいれてしまっておくことができます。
ビニール袋に入れておけば、他のものと混ざらないで済みますし、ほこりやゴミといったものが付着するのを防いでくれるわけです。
そんなビニール袋をさらに便利アイテムに進化させたものが、ジップ付きのものです。
ジップをつけることによって密封性を高めることができるので、食材が傷むのを防いでくれます。
また仲の空気を抜きやすい作りになっているので、密封して冷凍庫に保存しておけば今まで以上に長期間保存ができるようになって便利です。
さらに料理をする時にジップ付きのビニール袋を使えば、食材に調味料を染み込ませるのにも使えますし、ボウルなどの調理器具を使わないで済むので洗い物を減らすこともできます。

ジップ付きビニール袋で鶏ハム作り

ジップ付きビニール袋で鶏ハム作り ジップ付きビニール袋を使って、おいしい鶏ハムを作ってみましょう。
とても簡単ですよ。
材料は鶏ムネ肉とあら塩。
この二つだけです。
ムネ肉の量はあまり気にしなくてかまいません。
袋に入る分だけあればよいでしょう。
皮はとってもとらなくても、どちらでも大丈夫です。
あら塩は、ムネ肉ひとかたまりにつき、おおさじ1です。
多すぎに感じられますが、後で水に流れるので心配はいりません。
ムネ肉にあら塩をすりこむようになじませ、ジップ付きビニール袋に入れたら、 できるだけ空気を抜くようにして、ジッパーを閉めて下さい。
そのまま冷蔵庫に入れ、二日間寝かせます。
二日後、とりだしたムネ肉を、水をはったボウルに約45分いれて塩抜きをします。
鍋にお湯をたっぷり沸かして、その中へ塩抜きした鶏ムネ肉を入れたら1分後に火を消し、 蓋をして、7時間ほど鍋ごと放置します。
あら熱がとれたら冷蔵庫に入れた方が安心です。
7時間後、おいしい鶏ハムのできあがりです。
スープは捨てずに、お好みの具を入れてスープとしていただいてもおいしいですよ。
以上、ムダなく簡単な鶏ハム作りの紹介でした。