ジッパービニール袋で簡単クッキング!

ジッパービニール袋で簡単クッキング! ジッパー付きのビニール袋は、口をしっかり閉じて密閉した状態で調理できるのがメリットです。
冷蔵や冷凍するにも、加熱調理するにも、中身が飛び出る心配がありませんし、具材が少ない汁に浸かった状態になりますので、味がしみこまずにムラになることもありません。
初心者の方が料理をするにも便利でしょう。
冷蔵庫に保存して調理する方法としては、野菜の浅漬けやマリネが簡単にできます。砂糖、しょう油、酢、サラダ油等の調味液を作ってビニール袋の中に入れ、スライサーや包丁で薄切りにしたきゅうりやにんじん、大根、一口大にちぎったレタスやキャベツ等を入れ、1時間ほど冷蔵します。
マリネの場合は、調味液と野菜等の具材を一緒に入れてレンジ加熱して、あら熱を取ってから冷蔵保存するといいでしょう。
冷凍する場合は、フローズンヨーグルトができます。余ったプレーンヨーグルトに好みのジャムを適量入れ、ビニール袋に密封して、2、3時間ほど冷凍します。時々かき混ぜると味が均等になりますし、美味しそうなマーブル模様になります。
加熱調理に利用するには、少ないソースと一緒に冷凍したハンバーグを入れて加熱すると、煮込みハンバーグ風になります。砂糖や塩、しょう油、ショウガ一かけと一緒に、バラ肉の塊を入れると煮豚風になります。
密封できるので、湯煎して加熱してもいいですし、電子レンジで十数分加熱しても手軽に仕上げられるでしょう。

ジッパービニール袋で簡単アイス

ジッパービニール袋で簡単アイス 夏の暑い時期に食べたくなるのがアイスですが、ビニール袋を使って自分で簡単に楽しく作ることができます。
特にお子さんがいる家庭でやるには最適な方法です。
用意するものは牛乳150cc、砂糖大さじ1、お好みでバニラエッセンス小さじ1/4、塩大さじ6、ジッパー付きビニール袋の大と中を1つずつ、あとは適量の氷です。
まず、大の袋に氷を半分埋まるほど入れ、そこに塩が混ざるようにかけます。
ポイントとして、塩が少ないとかたまらず失敗してしまうので、量を間違えないようにしましょう。
次に、中の袋に牛乳、砂糖、バニラエッセンスを入れ、こぼれないようにしっかり閉じます。
閉じたら先ほどの氷と塩が入った袋に入れます。外側の袋もしっかりと閉めた後は、5分ほど振るだけです。
徐々に固まっていき、5分を過ぎたあたりから完全にアイスクリームになっていきます。振るときは冷たいのでタオルなどを使用すると良いです。
作っているだけで涼しくなるので、夏にはぴったりです。