ジップ付きビニール袋は再利用する?

ジップ付きビニール袋は再利用する? ジップ付きビニール袋は再利用派です。
ジップ付といっても百円均一のものから、テレビCMなどで有名なものもあります。どちらのタイプも一度の使用で捨てるにはもったいないので、破れて水が漏れるようになるまで再利用を繰り返しています。
マチ付きタイプ、そうでないタイプもビニール袋の角の部分などに汚れが溜まっている確率が高いので食器洗い洗剤で洗い、アルコール消毒スプレー(食品にもスプレー可のものです)で念入りに除菌し、ミニタイプの角ハンガーをキッチン用として一つ置き、洗ったらすぐに干してできるだけ水が袋内に残らないようにして干し、乾いたら使用するを繰り返します。
どうしても1回の使用で捨てなければならなくなりそうな、ミートソースやカレーソースなどの場合は、洗わなくても再利用できるパスタやゴマ、ワカメなどのジップ付の袋を利用しています。
たった一枚のビニール袋かもしれませんが、可能な限り使いゴミが1回分でも2回分でも減れば良いと思います。

メーカーは使い捨てを想定している?

メーカーは使い捨てを想定している? スーパーなどでの商品梱包や、突然の商品購入時の持ち運びなどで活躍するのが、レジ袋などのビニール袋です。
ビニール袋のメリットとしては、再利用をせずに使い捨てをしても、罪悪感を感じないということなのではないでしょうか。
これは、ビニール袋の材質や厚み、強度などから、再利用が難しいと感じさせるということもありますが、買い物時にお店から無料で貰えるからではないでしょうか。
メーカーは消費者の心理を予め予測しているため、あえて使い捨てしやすい厚みやシンプルなデザイン、サイズなどの規格を打ち出しているように感じられます。
断舎利がブームの現代では、物を溜め込むことが悪のように言われるようになってきています。
そのため、時代の流れに沿うように、さまざまなビニール袋が工夫されて消費者が抵抗感を持たずに使い捨て出来るようになっています。
環境への影響も考えられており、自然に返しやすい素材を使用しているものも増えてきています。